【アウトドア ブログ】釣り・キャンプ・ドローン

【BBQ】アウトドア・ベース犬山キャンプ場

au PAY マーケット

行ってきました。(2019年11月)

※以前のことをあらためて記事にしたものです。現地、施設、道路などの環境が現在と違うこともあります。

家族で初めてBBQを楽しんだのがここです。

このキャンプ場が「デイキャンプ」デビューの地(/・ω・)/

ネットで探しました。
家からあまり遠くなく日帰りでBBQが楽しめるキャンプ場ということで、この「アウトドア・ベース犬山キャンプ場」を選びました。

今思えば、名古屋から車で1時間圏内には無料でBBQできる場所がたくさんあります。泊まらないのにいきなり有料のキャンプ場を選んだのはもたいない気がする・・・。

キャンプ場に向かう道は、山に入る辺りから急に狭くなります。大型車で向かう方はすれ違いに気を付けてください。

⬇場所はこちら

⬇ストリートビュー(キャンプ場直前までしか対応していません)

道なりに走ると通り過ぎそうになりますが、分岐している右側の狭い道に進みます。(直進するように)看板も出ています。

施設

主な構成はこんな感じ。(管理棟・炊事棟・トイレなどは省きます)

  • オートサイト(区画サイト/有料電源あり/柵で囲われ犬を放せます)
  • ティピーサイト(車1台横付け可)
  • こもれびサイト(フリーサイト/木々の中で癒されます)
  • せせらぎサイト(フリーサイト/ちっこい小川沿い)
  • 水上BBQデッキ
  • 鉄板焼きデッキ

全体、とてもキレイでよく手入れされているなというのが第一印象。

ネガティブなことではないのですが、WEBサイトを見ているときはそこそこ広いイメージを持ちました。でも実際に行ってみたら、こじんまりしてちょっと狭く施設が密集している感じです。

逆に言えば長い距離を歩かなくても炊事棟やトイレなどに行けますw

おすすめポイント

直火OK

建物や樹木の根からは充分離れた場所でお願いします。 場内の植物の生育に悪影響がでると考えられるような場所は避けて下さい。 焚き火は完全燃焼、完全後始末でお願いします。

アウトドア・ベース犬山キャンプ場/公式WEBサイトより

ペット同伴歓迎

  • 他のお客様に迷惑をかけないように飼い主がしっかりと管理してください。
  • 必ずリードを使用して下さい。迷子になってしまった場合やそれに起因した事故も責任は負いかねます。
  • 排泄物は持ち帰るか、可燃ゴミとしてお帰りの際に受付で処分して下さい(有料)。
    ※トイレには流さないで下さい。
  • 無駄吠えが多い場合は車の中へ入れていただくか口輪を付けて下さい。
  • 他のお客様に危害を加えた場合は、飼い主の責任で解決して下さい。
  • 構築物へのペット同伴の際は必ず足を拭うなどして汚れや臭いが付かないようにして下さい。使用後の抜け毛等のお掃除もお願い致します。
    インディアンテント(ティピー)の中に入れる際はできるだけケージをご用意下さい。
  • 他のワンちゃんとの相性が悪かった場合など、もしもの時のことを考え、口輪はご用意下さい。
  • 予防接種(5種混合以上)、狂犬病予防を受けていないワンちゃんのご利用はご遠慮下さい。
  • ヒート中のワンちゃんのご利用もご遠慮下さい。
アウトドア・ベース犬山キャンプ場/公式WEBサイトより

高規格じゃないけど

公式WEBサイトでも書かれていますが、高規格ではありません。

(まずここを了解した上で利用すべきです。そうでないと余計な不満を持って帰りそう。そんなのは残念すぎる!)

地面は傾斜もあれば整地しきれていない部分もあり、施設の多くが手作り感満タン。逆に言えば管理人さんや従業員さんが日々頑張って施設維持管理に努めておられるということです。

管理しきれずほったらかしになりがちなキャンプ場ではありません。

この日、ティピーサイトを利用したのですが少し離れた辺りで20代前半くらいのグループが音楽をかけ、騒ぎ始めました。あー、若い子らのグループにありがちなマナーの悪いやつな。まだ何しても楽しい時期なのは分るけど。と思っていました。

(自分が若い頃も同じように自分達の基準でしか見れずに周りに迷惑かけてたんやろうなと反省・・・)

しかし、

それに気づいたのか、

5分も経たないうちに、従業員さんが注意をしにきました。よく目を配っているなという印象です。

⬇案内マップ(公式サイトから案内図を拝借しました)

ティピーサイト

あくまで泊まらない、ただのBBQデビューでした。

そうなんですが、昼寝などちょっと休めるといいなと思ったのと、「ティピー」って何ぞ?と思って興味を持ったのでティピーサイトを利用しました。

作りが本格的?っぽい感じで以外と広く床は板の間で囲炉裏もあります。

デイキャンプではもったいないなと思いました。

<料金>

16f:デイキャンプ 5,000円/宿泊 8,000円(大人6人用)
14f:デイキャンプ 4,000円/宿泊 6,000円(大人4人用)


”行ってきたよ”の記事なのでこのキャンプ場の魅力を紹介し切れていません。

是非、公式WEBサイトをじっくりご覧ください。

アウトドア・ベース犬山キャンプ場

使用した主なキャンプ用品

この記事を書いた人
釣りとキャンプとドローンなどのアウトドア系が趣味です。 大阪出身➡現在は名古屋市内に居住。