【アウトドア ブログ】釣り・キャンプ・ドローン

DJI MAVIC AIR2

au PAY マーケット

買ってみました。(2020/04/28 予約購入)

キャッチフレーズは、”飛躍せよ、まだ見ぬ世界へ”

DJI公式サイトの発表を、子どもみたいにワクワクしながらパソコンの前で待っていました。

時間が近付いて、10、9,8,・・・カウントダウン。

3,2,

キター--!

ということでブラウザをリロードすると、⬆上の画像のような画面がバーンと出てうおぉ!

実際はムーブする画面です。
にゅーっと暗い海から鯨が現れて、AIR2が画面の下のほうから飛んでくる感じ。

DJI MAVIC AIR2 紹介映像

事前に漏れ聞こえたある程度の情報はありましたが、サイトを見て改めていろいろ進化していたことに感動しました。

価格

発売時期:2020年5月21日

スタンダード:105,600円(最小構成)
Fly more コンボ:132,000円

Fly More コンボにはインテリジェント フライトバッテリーが3個と専用バッグも追加されます。

細かく書くと⬇このようになります。最小構成との差分です。

  • インテリジェント フライトバッテリー×2
  • 低ノイズプロペラ(1組)×6
  • NDフィルターセット(ND16/64/256)×1
  • バッテリー充電ハブ×1(バッテリーを3個セットして順に充電)
  • バッテリー パワーバンクアダプター×1(バッテリーを別の機器に給電させるパーツ)
  • ショルダーバッグ×1

Fly More コンボはNDフィルター付きです。

商売上手なのか、あまり使わないND64とND256と、使うことがたまにあるND16がセットです。

よく使うことがあるND4やND8は別売りw
商売うまいなーほんま。

思惑どおり(かどうかは知らんけど)別に、ND4/ND8/ND32のセットを買いましたよ。

送信機が大きくなりました。これまでの送信機下部が左右に開いてスマホを挟む仕様を捨て、送信機上部にスマホを取り付ける仕様にしてきました。

MAVIC AIR2から送信機が刷新されました

黒い部分を伸ばしてスマホを挟みます

送信機はずっしり重量感があるので持ち疲れてくるかも?首からストラップで吊り下げるようなアクセサリーを買った方がいいかもしれません。

<参考>
画像の黒い送信機はSparkのものです。

旧モデルのMAVIC AIRもほぼ同じでMAVIC 2やProなどはこの形状に液晶が付いたタイプです。

機体はこんな感じ

顔は・・・カッコよくはない💦

アクティベイト中です

バッグはこんな感じ。高級感があります。

Fly More コンボ付属のバッグ

モニターフードと送信機

モニターフードは純正アクセサリー

MAVIC AIR2の新機能

OcuSync 2.0

なんと、10kmに及ぶ距離を1080p/30fpsで動画伝送するそうです。但し、5GHz帯の場合で日本国内では6km。それでもスゴイ!

MAVIC AIRは「拡張Wi-Fi」だったので開けた海岸や広い野原のような場所以外は実質目視できる程度の距離がやっとでしたから。

4K/60fps動画

新型なので当然カメラ機能の向上は期待していましたが4Kで60fpsまで対応となりました。
動画コーデックはHEVC(H.265)に対応しました。

MAVIC AIRは「30fps」まで。

HDR動画

Osmo Actionで感心したHDRが動画で対応になっています。もちろん、MAVIC AIRにはありません。

これで陽の当たる場所や少し陰ってくる場所をあまり気にせず撮影できるので嬉しい機能です。

Active Track 3.0

あまり使っていない機能ですが(車とかで走って追尾とかしないので)これも以前の2.0から進化。更に精度が上がっていることは容易に想像できます。

そのうち使ってみたい機能です。
(自分で走るのはしんどいからw うちのワンコを走らせて追っかけさせればえぇんやね)

8K撮影

ハイパーラプスで8Kに対応したようです。
こういう撮影テクニックとかはけっこう面倒くさいので使ったことはないけど、興味はあります。

ドローンでハイパーラプスやタイムラプス使うと、どんな動画になるんやろ。その前に、どういうシーンで使えばえぇんかアイデアが浮かばへんというw

34分の飛行

なんと!最大34分間の飛行ができるようになったそうで。これでバッテリーの買い増しから解放される!!(インテリジェント フライトバッテリーは高い…1万以上するし)

確か、MAVIC AIRは最大で21分。すごく延びた。

そのほか

ほかにも、「48MP」の高解像度写真が撮れる(拡大してもかなり綺麗な画像ということになるので加工がしやすい)とか、スポーツモードでは68 km/hもスピードが出るとか、進化がすごいです。

障害物回避は3方向(前方、後方、下方)はMAVIC AIRと同じ。精度は向上していると思いますが、左右側面も対応してほしかった。ここはちょっと残念。

下方には「補助ライト」が追加されました。LEDで下を照らすわけです。夜間の着陸や下を照らしながらの飛行にめちゃ便利です。(訓練以外で夜間飛行させたことないけどw)

案外、ドローンを活用してないなーと思いますが高機能化は過信しないけど安心なので大歓迎です。

AirとAir2の大きさ比べ

MAVIC AIR2のほうがひとまわり大きくなりました。アームも長い。(黒いやつがMAVIC AIR)

MAVIC AIR2のスペック

MAVIC AIR2のスペックです。DJI公式サイトからの引用で国内仕様と海外仕様が混在していますので注意してください。

機体

重量570 g
サイズ折りたたんだ状態:
180×97×74 mm(長さ×幅×高さ)

展開時:
183×253×77 mm(長さ×幅×高さ)
対角寸法302 mm
最大上昇速度4 m/s(Sモード)
4 m/s(Nモード)
最大下降速度3 m/s(Sモード)
3 m/s(Nモード)
5 m/s(Sモードで急降下中)
3 m/s(全てのモードで高度4500 m以上の時)
運用限界高度(海抜)5000 m
最大飛行時間(無風時)34分
最大ホバリング時間(無風時)33分
最大飛行距離18.5 km
最大水平飛行速度19 m/s(Sモード)
12 m/s(Nモード)
5 m/s(Tモード)
最大風圧抵抗29 〜 38 km/h(レベル5)
最大傾斜角度35°(Sモード)
20°(Nモード)*
* 強風下では35°
最大角速度250°/s(Sモード)
250°/s(Nモード)
動作環境温度-10°C ~ 40°C
動作周波数2.400~2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz(日本国内は2.400~2.4835GHzのみ利用可)
伝送電力(EIRP)2.400-2.4835 GHz:
FCC:≤26 dBm
CE:≤20 dBm
SRRC:≤20 dBm
MIC(日本):≤20 dBm

5.725-5.850 GHz:
FCC:≤26 dBm
CE:≤14 dBm
SRRC:≤26 dBm
ホバリング精度範囲垂直:
±0.1 m (ビジョンポジショニングあり)
±0.5 m (GPSポジショニングあり)

水平:
±0.1 m (ビジョンポジショニングあり)
±1.5 m (GPSポジショニングあり)
プロペラクイックリリース、低ノイズ、折りたたみ式
衛星システムGPS+GLONASS
コンパスシングル コンパス
IMUシングル IMU
内部ストレージ8 GB

バッテリー

容量3500 mAh
電圧11.55 V
最大充電電圧13.2 V
バッテリータイプLiPo 3S
電力量40.42 Wh
重量198 g
充電温度範囲5℃ ~ 40℃
最大充電電力38 W

カメラ

センサー1/2インチCMOS
有効画素数:12 MPと48 MP
レンズFOV:84°
焦点距離(35 mm判換算):24 mm
絞り:F2.8
撮影範囲:1 m〜∞
ISO動画:
100-6400

写真(12 MP):
100-3200(オート)
100-6400(マニュアル)
写真(48 MP):
100-1600(オート)
100-3200(マニュアル)
静止画 最大解像度48 MP 8000×6000ピクセル
静止画モードシングルショット:12 MPと48 MP
バーストショット:12 MP、3/5/7枚
オート露出ブラケット (AEB):12 MP、3/5枚(0.7EVバイアス)
タイマー撮影:12 MP、2/3/5/7/10/15/20/30/60秒
スマートフォト:シーン認識/ハイパーライト/HDR
HDRパノラマ:
垂直 (3×1): 3328×8000ピクセル (幅×高さ)
ワイド (3×3):8000×6144ピクセル (幅×高さ)
180° パノラマ (3×7):8192×3500ピクセル (幅×高さ)
スフィア (3×8+1):8192×4096ピクセル (幅×高さ)
静止画フォーマットJPEG/DNG (RAW)
動画解像度とフレームレート4K Ultra HD:3840×2160 24/25/30/48/50/60 fps
2.7K:2688×1512 24/25/30/48/50/60 fps
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120/240 fps
4K Ultra HD HDR:3840×2160 24/25/30 fps
2.7K HDR:2688×1512 24/25/30 fps
FHD HDR:1920×1080 24/25/30 fps
カラープロファイルD-Cinelike、ノーマル
動画フォーマットMP4/MOV(H.264/MPEG-4 AVC、H.265/HEVC)
最大ビットレート120 Mbps
対応SDカード最大容量256GBのmicroSDに対応
対応ファイルシステムFAT32、exFAT
ズーム利用できません

ジンバル

スタビライズ機構3軸 (チルト、ロール、パン)
機械的な可動範囲チルト: -135°~45°
ロール:-45°~45°
パン:-100°~100°
操作可能範囲チルト:-90~0°(デフォルト)
-90~24°(拡張時)
最大可動速度(チルト)100°/s
角度ぶれ範囲±0.01°

ビジョンシステム

前方高精度測定範囲:0.35〜22.0 m
検知範囲:0.35〜44 m
有効検知速度:12 m/s
視野角(FOV):
71°(水平)、56°(垂直)
後方高精度測定範囲:0.37〜23.6 m
検知範囲:0.37〜47.2 m
有効検知速度:12 m/s
視野角(FOV):
44°(水平)、57°(垂直)
利用可能な下方センサーデュアルビジョンセンサー + ToFセンサー
下方ToF測定範囲:0.1〜8 m
ホバリング範囲:0.5〜30 m
ビジョンセンサー ホバリング範囲:0.5〜60 m
左/右なし
下方補助ライトシングルLED

安全性

障害物回避システム高度操縦支援システム (APAS) 3.0

動画伝送

伝送システムOcuSync 2.0
2.4 GHz/5.8 GHz自動切替(日本国内では2.4 GHzのみ利用可)
最大伝送距離10 km (FCC)、6 km (CE)、6 km (SRRC)、6 km (MIC(日本))
ライブビュー品質[email protected] / [email protected]
遅延(環境条件およびモバイル端末に依存)120〜130 ms
動画伝送 符号化方式H.265
ライブビュー最大ビットレート12 Mbps
動作周波数2.400~2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz(日本国内は2.400~2.4835GHzのみ利用可)

送信機

送信機 伝送システムOcuSync 2.0
対応モバイル端末コネクターLightning、Micro USB、USB Type-C
最大 対応モバイル端末サイズ180×86×10 mm (高さ×幅×厚さ)
動作環境温度-10°C ~ 40°C
伝送電力(EIRP)2.400-2.4835 GHz:
FCC:≤26 dBm
CE:≤20 dBm
SRRC:≤20 dBm
MIC(日本):≤20 dBm

5.725-5.850 GHz:
FCC:≤26 dBm
CE:≤14 dBm
SRRC:≤26 dBm
動作電流/電圧1200 [email protected] (Android)
700 [email protected] 3.6 V (iOS)

充電器

充電入力100~240 V、50/60 Hz、1.3 A
充電出力充電ポート:13.2 V⎓2.82 A
USBポート:5 V⎓2 A
電圧13.2 V
定格出力38 W
DJI MAVIC AIR2 実写映像

マニュアル

Mavic Air2の取説などです。(DJI 公式サイト内のダウンロード)

Mavic Air 2 クイックスタートガイド v1.02020-04-28PDF
Mavic Air 2 免責事項と安全に関するガイドライン v1.02020-04-28PDF
Mavic Air 2 ユーザーマニュアル v1.02020-06-17PDF
Mavic Air 2 リリースノート2021-01-26PDF
Mavic Air 2 — アクセサリー ユーザーガイド2021-01-26PDF
Mavic Air 2|パッケージ開封(JP字幕)
Mavic Air 2|送信機の紹介(JP字幕)
Mavic Air 2|初回フライト準備(JP字幕)
Mavic Air 2|クイックショット(JP字幕)
Mavic Air 2|フォーカストラック(JP字幕)
Mavic Air 2|ハイパーラプス(JP字幕)

アプリ

MAVIC AIR2からは、新しいアプリの「DJI Fly」で操作します。
ダウンロードセンター/DJI Fly

これまでのGo4アプリよりも動画編集機能が向上したり使いやすくなったようです。

<追記>
アップデートがしやすくなってた。
ファイルを落として、機体や送信機にインストールする際のエラーが以前(Go4アプリ)は多かったし、うまく反映させることができずストレス感じてましたが、DJI Flyアプリでは簡単にできるようになりました。

MAVIC AIR2 の購入

MAVIC AIR2 おすすめアクセサリー(純正品)

MAVIC AIR2 のおすすめアクセサリー(社外品)

最新版を購入(DJI Air2S)

MAVIC AIR2 のおすすめ収納ケース(キャリングバッグ)

この記事を書いた人
釣りとキャンプとドローンなどのアウトドア系が趣味です。 大阪出身➡現在は名古屋市内に居住。