【アウトドア ブログ】釣り・キャンプ・ドローン

やっぱり、あのメスティン!

au PAY マーケット

買ってみました。(2019/08/31)

品薄をいいことに、定価の3倍。下手したら、もっと高額で売るクソ(ごめん)業者や転売小僧がいっぱいのTrangia(トランギア)製メスティンです。

高い!
なので諦めてほかのメーカーのメスティンを買いましたが、なんと!

Amazon販売でAmazon発送の正規品が定価(1,728円税込み)で売っているのをたまたま見付けたので即買い!!
テンション上がりまくり(笑)

たった、数時間で予定数を完売したのか、すぐにまた出店業者のあほみたいな高い値段のページに変わりました。

(これ書いてるときにまたAmazon見たら、良心的?な出店業者が定価で売っていました。送料別やけど。)

箱入りで届きました。
(箱の写真に写っているのはストームクッカーでしょうか?)

Trangia MESSTIN TR-210

誰かの以前の動画を見ると、本体に直接ビニールを被せた素っ気ない感じで売っているようですが、少し改心したのかな(笑)
箱入りで丁寧になったようです。

最近になってメーカーが(正確には下請けさんが?)頑張って生産して、安定供給してきているのかな?と感じます。


そんなことでTrangia(トランギア)メスティンを手に入れたので、前に買った別メーカーのメスティンと比べてみることにします。

Trangia メスティン

みんな大好きTrangia メスティン!(正規品)
本体ハンドル取り付け辺り

汚い画像加工になってすみませんm(_ _)m
見えますかね?リベットの辺りに、「Trangia」のロゴと、その下には「Made in Sweden」と刻印されています。

加工が改善?指を切らない

よくあるメスティン紹介の動画などで言ってるような、バリがあって加工が荒いといったことがなくなりました。

届いたメスティンは、その点が改善されたのか、指でなぞってみてもほとんど引っかかりもしませんし、指を切るというようなこともありませんでした。

もうヤスリでゴシゴシする必要はないと思います。

気になったこと

蓋が開けにくい!

本体と蓋がすごく密着していて、大人の男の力でもめちゃくちゃ固いので開けるのに苦労しました。

本体が持ちにくいので力が入りにくし、体に押しつけて何度か力を入れて少したわませて、親指以外の指の爪を本体と蓋の隙間に差し込んで、えいっ!と力任せにこじ開けます。爪が折れそうでコワイ。
その後少し爪の間が痛かったです(>o<;)

何度か開け閉めを繰り返したら緩くなっていくかな?使い込まないと扱いにくいかも知れません。

個体差?
いや違うみたい。実はもう1つ買っていて、(お一人様1個限りやったけど、彼女を同居人にして、プライム家族会員にして。それはまぁおいといて・・・笑)そっちも同じですごく固かった。

ロットの差?
製造時期や材料の微妙な品質の違いや製造する工場の違いもある?これは個人では検証できないので分かりません。

とにかく指が痛い・・・。これはこれで別の要改善点になりましたね。

メスティン比較

以前の記事に書いたとおり、別のメスティンを買いました。
メスティン(アレじゃないやつ)

Trangia製メスティンと画像で比較してみます。

(左)MiliCamp メスティン/(右)Trangia メスティン

Trangia製メスティンより、MiliCamp製メスティンのほうがほんの少しだけ大きいようです。

MiliCamp メスティン/容量/850ml未満
2合炊けそう?

Trangia メスティン/容量/750ml
メーカー公式では1.8合炊けるようです。

せっかくなので、数日以内に時間作って炊飯比べやってみようと思います。

炊き上がりの違いは気になるところ。
アレじゃない「MiliCamp メスティン」でもまだ実際にご飯を炊いたことがないので良い機会です。

動画にもしてみるつもりなので出来上がったらまた投稿します!😀

メスティンっぽいのいろいろ

この記事を書いた人
釣りとキャンプとドローンなどのアウトドア系が趣味です。 大阪出身➡現在は名古屋市内に居住。