【アウトドア ブログ】釣り・キャンプ・ドローン

Esbit ポケットストーブミリタリー

au PAY マーケット

買ってみました。(2019/07/26)

これ、有名な固形燃料ミニストーブでドイツ軍やスイス軍で使用されているとか。

道具としては、名前の通り固形燃料などを燃やすだけの物なんですが、めちゃくちゃコンパクトで何というか、手に収まり良く形も角張って無骨で、なんとも言えないカッコ良さがあります!

たったこれだけの、シンプルな道具ですが、こういうのが好きな男としてのモノ心をくすぐるには充分な魅力があると思います。メスティン同様に知名度もあって根強い人気商品のようです。

Esbit ポケットストーブミリタリー

Esbit ポケットストーブミリタリーはすごくシンプル!

中心からパカッと折るように開いて固形燃料を置いて燃やすだけ。
ただ、それだけ。めっちゃシンプル!

全開して付属の固形燃料を一片置いてみた。

開くと五徳になります。
角度が2段階で固定され、途中で止めると直火OKなカップや小型クッカーを置けます。全開まで開くと、少し大きなクッカーを乗せられます。
メスティンなら全開にして置くといいと思います。

一段階めまで開いて着火した状態。

固形燃料が付いてきますが、ちょっとクサイ・・・orz
キチンとパッケージされ、6片付いてきます。1片あたり約20分燃焼できるのでカップなら十分お湯を沸かすことができます。

この固形燃料は直に置かないほうがいいです。自分は本体を焦がしてしまいました。

まぁこういうのは使ってるうちに焦げて擦れてキズだらけになって味が出てくるもんだと思いますが、料理で使うようなアルミシートや弁当のおかずを小分けにするアルミカップに固形燃料を置いて使うほうがいいと思います。

アルコールストーブほどの火力ではありません。

1.5㍑の鍋でお湯を沸かしました。本当はアルコールストーブやガスのほうが火力が強いので湯沸かしに向いていますが、ここでは実験ということで。
付属の固形燃料を2個使用(約35分)で鍋に蓋をせず沸騰しました。(室内約26℃/無風)

Esbit ポケットストーブミリタリーのサイズ

画像がちょっと小さくて見えにくいかも知れませんが、閉じた状態でのサイズは約100mm×77mm×23mm。
上着などのポケットならすっぽり入ります。

それで気になる値段はというと、だいたい1,600円くらい。欲しくなったでしょ!(笑

Esbit ポケットストーブには「スタンダード」と「ミリタリー」の2種類があります。
本体そのものは同じです。
調べてみると付属の固形燃料が少し軍用と市販用?とは異なっているようです。大差ないと思うけど。。。

この記事を書いた人
釣りとキャンプとドローンなどのアウトドア系が趣味です。 大阪出身➡現在は名古屋市内に居住。